一関で製造業の管理職研修


今日は一関にある製造業の会社さんで、
管理職の皆さんの研修を行いました。

 

内容は、タイプ別コミュニケーションとコーチングです。

 

昨年、講師を担当した、

一関市主催の女性管理職研修に参加した同社の方達に、

自社でもやりたいとお声がけいただき実現いたしました。

 

私も協力会社の軽作業スタッフとして、
精密部品工場で働いた経験がありますが、

製造の仕事に日々従事していると、結果が毎日現れます。

 

 

そのため、

品質や数字以外のことを考えたり学ぶ機会って、

なかなかないんですよね。

 

研修では、午前がタイプ別、午後がコーチング、と、

内容を分けて、いずれも演習を中心に行いました。

 

 

10時から15時までの研修でしたが、
「あっという間でした」という感想を多くいただきました。

 

管理力の皆さんのコーチングに関して、

個人的に思うことが1点。

 

それは、どんなコミュニケーションでも、

相手のせいにしない、という姿勢です。

 

 

聞いたけど、答えてくれませんでした、

尋ねたら、特にないって言われました、

などなど、思った通りに行かないやりとりもあると思うんです。

 

でもそれを相手のせいにしないで、

自分の工夫が足りないのでは?という方向性で、

物事をとらえてほしいんですよね。

 

なので、今回は、ダメな質問といい質問を、

見本で自分がやってみるなど、

当初予定になかったデモ(実演)を増やしました。

 

質問の中身を変えることで、

会話は浅くもなるし、深くもなる・・・

それを実際に見てほしかったんです。 

 

生産性の向上でも、事故防止の危険回避の部分でも、
本当は、お互いの意思の疎通やコミュニケーションが、

 

 

非常に大事だと思います。

 

 

ご参加の皆さんには、内容だけでなく、

当日の演習を通して、管理職の皆さん同士が、
共に学び笑い、たくさん言葉を交わしていただくことで、
参加者同士の関係性の強化にも役立てばうれしいです。

 

こちらの会社さんは、拍手の音がとても大きく、
前向きな姿勢と柔軟なノリの良さを感じました。

 

同社には1月の後半に再度ご訪問して、

今度は女性社員の皆さんの研修を担当します。

いまから楽しみです。

 

皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

<成果を上げるコミュニケーション」> 5時間/製造業/管理職の皆さん

 

・こころカードでアイスブレーク

タイプ別コミュニケーション

・人の行動傾向は4タイプ

・タイプ別コミュニケーションの考え方

・コミュニケーションカード回答と集計

・各タイプの解説

・「あるある」を語り合おう

・各タイプへの効果的な接し方とホメ方

コーチング

・コーチングとは

・ティーチングとコーチングの違い 

・コーチングは短時間でも活用できる

・コーチングの基本姿勢

・信頼関係を築く傾聴

・コーチングはインタビューの技術

・質問の演習、コーチングの演習

・「やる気」の3つの仕組み