2016年

4月

30日

アイデアを出すためのコツ


ミシンのカバーが可愛い女性が多い工場
ミシンのカバーが可愛い女性が多い工場

縫製業のリーダーの皆さんに研修を行いました。

中堅社員養成研修として毎年2回ご訪問している会社さんで、

担当して5回目になる今回は、

「リーダーに求められる問題活力とアイデア発想①」と題して、

今日は主にアイデア発想をテーマにワークショップを行いました。

 

 

3人ひと組になって共通点探しをしたり、
ブレーンストーミングであり得ない爆笑飲み会の企画を考えたり、
お洋服を売るための奇想天外なアイデアなどを皆で出し合いました。

 

 

 

 

グループワークのルールを説明
グループワークのルールを説明

普段の職場での打ち合わせは、

予算、人、もの、時間、目標など、

非常に現実的な会話が中心で、

達成可能なものだけをピックアップして

話し合う姿勢が身についていますが、

それって実は、選択肢に

大きな制限をかけていることでもあるんですよね。

 

 

新しいアイデアは妄想やジョークや

逆転の発想から生まれてくるものですから、

必要に応じて思考の幅を広げたり狭めたりする訓練が、

ビジネスには必要だと思うんです。

そして、それを面白がる姿勢や、

笑い、ユーモア、も柔軟な思考力には必須のものだと思います。

わいわいガヤガヤと楽しくアイデア出し
わいわいガヤガヤと楽しくアイデア出し

 

 

皆さんの感想を拝見すると、
「楽しかった」というコメントが多く、
こういったワークショップ型の研修は、テーマ項目だけでなく、

皆で楽しみながら同じことに取り組むという意味で、

チームビルディングにも有効なのではないかと思いました。

 

 

研修ではほかに、ポスト・イットの開発秘話や、
水耕栽培で千倍の実をつけるハイポニカ農法のトマトの話、
そして私が大好きなティナ・シーリグさんの動画なども見ていただきました。

 

 

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 ティナ・シーリグ
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 ティナ・シーリグ

私は、アイデア発想では、

今の思考パターンを疑うことが大切だと思っています。

「〇〇が必要なのに手に入らないからできない」

→〇〇の役割を代用するものはほかにないのか?

→〇〇がなくても可能な方法はないか?

→〇〇は本当に必要なのか?

→〇〇よりも、もっといいものがあるのでは?

→〇〇が手に入らないのは逆にいいことなのではないか?

→〇〇を持っていない強みは何か?

 

 

この場合の〇〇というのは、

できないと思っている理由のすべてが相当すると思います。

実際にものをつくる場合の材料やお金や工作機会なども場合もありますが、

自分の能力や時間や環境なども当てはまると思います。

 

 

そんな風に、現在の思考や価値を否定してみたり、

展開してみたり、逆転してみたりしながら、

色々考えていると、いいアイデアや、

自分自身が納得できる思考回路が得られることがよくあります。

 

 

私がひとりで仕事を始めようと思ったのは47歳のときでしたが、

女性のコンサルタントや講師って、若くて溌剌として綺麗な方が多いですよね。

著名な女性コンサル/講師のホームページはブログなどを拝見していると、

「うわー、私はこんな風にはなれない」とつい思ってしまいますが、

いや、待てよ?と。

 

 

まず年齢。人生経験があるということはそれだけエピソードが豊富だし、

会社員としてのキャリアも長いし、

それに同世代の経営者の方も多いので、

社長さん達と同じ感覚でお話ができるし、

役職者向け研修だって、講師が自分よりも年上なら、

若い方が講師であるよりも抵抗なく受け入れられますよね。

 

 

あと、お洒落や身なりにはあまり関心がなく、

ライフスタイルが基本的にオヤジでオタクあることも(笑)

男性の行動パターンに大いに共感を持つことができますし、

受講者の皆さんもあまり私には気を遣わないかもしれません。

ということは、リラックスして笑いのあるいい研修ができるかも。

 

 

そんな風に、「どうしよう」と思うことでも、

「こんな考えもある」と思いつけば、

結構、気が楽になって、落ち着いて来るので、

これはメンタルヘルスにも有効かもしれませんね。

 

 

こちらの会社のリーダーの皆さんは、

田畑を持っていらっしゃる方も多く、

この時期はご自宅の農作業もあるとのお話でしたが、

そんな、忙しい中で参加していただき、

大変感謝しています。

 

 

奇抜な飲み会ワークでは、「芸能人を呼ぶ」というお答えが多く、

「お洋服の売上アップワーク」では、

体型をカバーする夢のお洋服のアイデアが多数出て、

女性が多い会社さんらしい、明るい雰囲気の中で、

皆さんが笑顔になるワークショップができたと思います。

 

 

 今日は研修先の社長さんにマレーシアのお土産をいただきました。

tsl marketing (m) sdn bhd というメーカー?さんのお菓子で、
KEK NANASと書いてありますが、パイナップルケーキのようです。
カロリーメイトの中にパイナップルジャムが入ったようなお味で、
なかなか美味しいですよ。

 

 

女性が多い会社の社長さんは、
女性への気配りも細やかだなぁ・・・と

毎回関心させられます。

 

 

 

リーダーに求められる問題解決力とアイデア発想①

 

[本研修の目的]

こころのフィルターをはずす

逆転の発想を練習する

柔軟な考え方を身に着ける

 

 

[内容(スライドタイトルや実施項目)](3時間 ※休憩10分)

 

・アイスブレーク「共通点探し」(ワーク)

・考えてみましょう(数出し)(ワーク)

・ブレーンストーミング(解説とワーク)

・ナイスでクールな奇抜な「飲み会」(ワーク)

・洋服がもっと売れるためには?(ワーク)

・思考を変えてみる(ワーク)

・思考を自由に行き来させる(事例)(動画)

・こころのフィルターをはずす(事例)

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Rico Dry (金曜日, 10 2月 2017 05:03)


    Generally I do not learn post on blogs, but I would like to say that this write-up very forced me to try and do it! Your writing taste has been amazed me. Thanks, very great article.