2015年

4月

28日

適性職種診断講座でした

今日は石巻サポートセンター様で、

適性職種診断講座を行いました。

石巻や東松島など震災で被害のあった

沿岸地域の就職を支援する企画の一端です。

 

内容はコーチングを学んだ方ならご存知の、

コントローラー、プロモーター、

サポーター、アナライザー、の

4つのタイプと特長や

お仕事との適性をお話するオリジナル講座です。

 

ご参加の皆さんは、ほとんどが、

センターからの告知や新聞広告、

そしてハローワークの紹介でお申込みいただく、

転職を目指す方達です。

 

今日、お話したのは、

「気楽にいきましょう」ということ。

 

長く勤めあげた方ほど、次も長く勤められる仕事を・・・

と思いがちですが、私の周りの知人を見ていると、

一回の転職でそのまま長く勤めている人は稀です。

たいてい、1~2回、短期の転職を繰り返し、

最終的にどこかに落ち着いているという感じがします。

 

その原因は、満足できる求人がないケースもありますが、

一番はその人自身のキャリアと人生経験にも

あるのではないでしょうか?

 

右も左もわからずに、

入った会社で取りあえず一生懸命やるしかなかった、

10代や20代の頃と違い、

キャリアと経験を積んだ皆さんは、

職場や人を見極める目が肥えていますし、

常識も分別もあって、今はもう、

「何も知らない学卒者」には戻れないんですよね。

 

だから最初の転職先には不満を持ちやすいと思いますが、

それは仕方のない事なので、

(本当はよくないことかもしれませんが^^)

ここから先はそれも「あり」と開き直って、

転職をしながら、就業の勘を磨いていくのも

ひとつの方法だと思います。

 

私は転職回数がとても多く、

履歴書に書ききれないぐらいの仕事をしました。

当然、入って数か月で「ここは合わない」と見切りをつけて、

早々に辞めた職場もあります。

 

こういっては失礼かもしれませんが、

色々な事情があったとしても、

長く勤めた会社を辞めたからには、

ここから先は「転職人生」です。

 

そう思って現実を受け入れ、

探してばかりいずに、まずは仕事の現場に、

軽い気持ちで復帰してみてはいかがでしょうか。