2015年

2月

18日

協力会様行事

2月18日(水)は飛騨の会様で講演を行いました。


飛騨の会は株式会社たくみ様の協力会です。

たくみ様は社寺建築や歴史のある文化財の修復、

そして古民家の再生など、

伝統的な建築で日本の文化に貢献している会社さんです。


会場は山形市の瑞宝閣。

タイトルは「ビジネスの達人は褒め上手」。


山形市では組合行事や他社様協力会、

それに蔵王倫理法人会などでも、

同じ内容で講演を行っているので、

山形と相性のいいテーマなのかもしれませんね。


講演では初級→中級→上級とお話を進め、

二人一組になって練習もしていただきました。


褒められることで脳活性が起き、

やる気もわいてくるのは、

脳科学上でも明らかになっているのですが、

だからと言って「褒められる」ことが、

当たり前の日常になるのはあまりよくないと思うんです。

だって、脳が褒め言葉に慣れきってしまい、

その人にとってもはや刺激にならないものね。


だから普通は当たり前でいいと思うのですが、

相性が悪くて普段疎遠にしている方を褒めてあげたり、

社員の方であれば、

小さな成長や変化を見逃さずにとらえて、

すかさず言葉にして伝えてあげるのがいいと思います。


経営者の皆さんの集まりですが、

どの方も明るくてノリがよく、

懇親会にもお招きいただいて、

楽しく交流させていただきました!


株式会社たくみの佐藤社長が、

倫理法人会の会員と伺い、

私も仙台中央の会員なので(最近サボリ気味^^)

山形市中央倫理法人会をご紹介いただき、

翌朝は、モーニングセミナーに参加してきました。

佐藤社長、わざわざ迎えに来てくださって、

大変ありがとうございました。