2015年

1月

29日

DiSC,コーチング,真・報連相

今日は、

(株)仙台ソフトウェアセンター(NAViS:ナヴィス)さんで、

「管理者・リーダーのためのコミュニケーションスキル向上研修」

を行いました。


内容は、

①DiSC®(ビジネス版タイプ別マネジメント)

②コーチング

③真・報連相®

です。


個人的にDiSCは、

できるだけ多くの皆さんに知っていただきたいテーマで、

私はこれを学んだことで得るものがとても大きかったのです。

前の仕事の在職中にコンサルタント資格を取ったのですが、

それ以後、社内のスタッフへの接し方や考え方も、

大きく変わり、成果がありました。


私が資格を取ったHRD社のサイトにもありますが、

D 主導

i  感化

S 安定

C 慎重

です。

この4つの傾向のバランスで自分と相手を理解していきます。


人は様々で多様性があるので、

本当は「タイプ」とか「タイプ別」という言葉は、

使うべきではないのですが、

研修は表現に正確を期せば期すほど、

物事がわかりにくくなる、という、

二律背反があるため、そこにはあまりこだわらず、

私は敢えて「タイプ別」という言葉を使っています。

それよりも、内容のほうを知って欲しいので。

(こういう結果重視の発想は私のDの側面ですね^^)


DiSCシステムは、21か国語、50か国以上で、

4500万 人以上の利用実績がある教材群とプログラムです。

米国インスケープ・パブリシング社が版権を持っていましたが、

同社は、2012年 2月にグローバルな教育・情報企業である

John Wiley&Sons(ワイリー社)の傘下になりました。

人材育成の世界も日々変化しているんだぁと痛感します。