2014年

8月

27日

電話応対の研修をしました。

今日は電話応対の研修をしました。

 

私が自分自身で、「私の電話応対ってひどいなぁ」と思ったのは、

自分の録音を聞いたのがきっかけなんです。

自分で思っている以上に、馴れ馴れしくて言葉もきれいじゃなくて、

うわー、これはカッコ悪い、と思いました。

そこから態度や言葉遣いに気を付けるようになりました。

 

だからやっぱり、電話応対の研修を行う時も、

何より自分の話し方を自分で聴くのが一番と思い、

参加者の皆さんには必ず、その機会を設けるようにしています。

 

写真はオークションでGETした中古のスマートフォン。

電話の機能がなくてもスマートフォンは他に様々な機能が使えるので、

安く購入してボイスレコーダーとして使っています。

 

今日はこれを使って、明るく爽やかな「名乗り」の練習を、

皆さんにしていただきましたよ!


ラジオでもそうですが、あとから自分の放送を聞くと、

「うわっ、なんだこの急かすような相槌は!」

「うわっ、こんないい話をなんで私はスルーしてるの?」

「うわっ、ここでこれを聞くべきだった!」

なんて感じで、毎回気になる個所が山のよう・・・


自分を客観的にとらえるのってすごく大事だと思います。